ホワイトニングって何?クリーニングとの違いは?

当サイト”ホワイトニング ガイド”では色んなホワイトニング方法を紹介しており、気にすることなくマスクを外して笑顔で過ごせる日常のサポートをしています。

ここでは基本的な『ホワイトニング・クリーニング・歯が黄色くなる原因』についてまとめていますので基礎知識をつけておきましょう。

歯はなぜ黄色くなる?

  • ”タバコ”のヤニによる着色汚れ
  • ”コーヒー・紅茶”のステインによる着色汚れ
  • ワインなどの着色汚れ
  • 加齢による”象牙質”の黄ばみ

歯が黄色くなる大きな原因として上記のことが挙げられます。

どれも日常生活において当たり前に摂取することになりますので、避けようがないのが現状です。中には着色料をなるべく避けている方もいるかもしれませんが、”加齢による象牙質の黄ばみ”には対応することは難しくどうしょうもない現象です。

ホワイトニングとは(2種類)

ホワイトニングを行うには大きく分けて2つの方法があります。

  • オフィス ホワイトニング
  • ホーム ホワイトニング

オフィス ホワイトニング

オフィス ホワイトニングでは”歯医者・クリニック”にてホワイトニングをしてもらう方法です。

濃度の高いホワイトニング剤を塗布した歯に、LEDやハロゲンなどを照射することで歯を短時間で漂白することができます。漂白の効果がかなり強いため、たった1回の施術でも黄ばみの解消を実感することができますが、1度である程度ホワイトニングができますので歯への負担が大きいのがデメリットです。

  • 歯の黄ばみは日常生活で積み重なって起こる現象になりますので、『クリニックでのホワイトニングを1度行って終わり』というわけではなく、定期的に通院する必要があります。
  • ”不自然なくらい白い歯”を求めている方にオススメです

ホーム ホワイトニング

ホーム ホワイトニングは”自宅で手軽に自分で”ホワイトニングを行う方法です。

ホワイトニング剤を塗布したマウスピースを1日数時間つけることや、専用のホワイトニング剤を歯ブラシに塗布し磨くことなどの方法で徐々に歯を漂白していきます。

なお、オフィス ホワイトニングほど高い濃度での効果はないためホワイトニングへの実感には少し時間がかかるのがデメリットですが、濃度が低いため歯への負担はかなり低くなります。

  • ”真っ白になるホワイトニング”という認識ではなく”自然な白になるホワイトニング”というイメージになります。
  • ”自然な白い歯”にしたい方にオススメの方法です。

クリーニングとは

ホワイトニングは先ほどまとめている通り”黄ばみを除去し白い歯にすること”になりますが、クリーニングは”歯の表面の汚れを落とす”という認識です。

歯医者にてクリーニングをすることで日頃の歯ブラシでは落とすことのできない汚れを除去でき、虫歯予防としても効果があります。

ですが、ホワイトニングほどの歯を白くする効果はなく”歯の健康を維持するための手段”になりますので「毎月、歯医者でクリーニングしているから大丈夫(白くなる)」ということはありません。

ホワイトニング×クリーニングの違い

《ホワイトニング|特徴》
  • 歯の黄ばみを除去することができる
  • 歯を白くしたい方にオススメ
  • 清潔感・ツヤを出したい方にオススメ
  • 歯の表面だけでなく内部の黄ばみが除去できる
  • 口臭を抑えることができる
  • 歯医者で行うと高額になる
  • 歯医者・セルフどちらでもOK
《クリーニング|特徴》
  • 歯の表面に付着している汚れを除去することができる
  • 表面のみのクリーニングになるため、黄ばみは除去できない
  • 虫歯予防という認識
  • 口臭を抑えることができる
  • 毎月の歯科点検のみでもしてもらえる
  • 歯医者にて行う

歯医者・クリニックでは”クリーニング”を毎回行うことが多いですが、ホワイトニングとクリーニングでは効果が全く異なりますので、どのような歯にしたいかで選びましょう。

ホワイトニングでの注意点

  • カウンセリング後にすぐ施術できないケースがある
  • 施術後しみることがある
  • ”詰め物・差し歯”などには行えない

カウンセリング後にすぐ”施術できない”ケースがある

歯医者でホワイトニングをする場合、稀に施術ができないケースがあります。

『虫歯・歯周病・歯石の溜まり』などカウンセリングで口内にトラブルがあるとスムーズにホワイトニングができず、先に”虫歯・歯周病・歯石”を治すことが優先されます。

もし、特定の日にちまでに白い歯にしたいとしても間に合わないケースがありますので計画的に進めていくことがオススメです。

施術後に”しみる”ことがある

歯医者で行うオフィスホワイトニングは歯への負担が大きいため、施術後に”歯がしみる”ことが稀にあります。

歯は”エナメル質・象牙質・神経”の3層構造となっているため、効果の高いオフィスホワイトニングでは神経に影響することもあるため”しみる”かもしれません。

そのような場合は、歯医者で行うオフィス ホワイトニングではなく自宅で行う”ホーム ホワイトニング”に切り替えることも検討しましょう。

”詰め物・差し歯”などには行えない

ホワイトニングは基本的に天然の歯のみを対象としています。そのため、”詰め物・差し歯”に対してはホワイトニングをすることができず、ケースによっては”詰め物や差し歯が浮いてしまう”ことがあります。

奥歯に詰め物・差し歯をしている方は正面から見える目立つ部分をホワイトニングを行うことをオススメしますが、前歯などが差し歯の場合はホームホワイトニングへ切り替える方がオススメです。

あなたに合ったホワイトニング方法を選ぶことが大切

当サイト”ホワイトニング ガイド”では個人個人に合ったホワイトニング方法をまとめていますが、どの方法を行っても”やり始めてみること・継続すること”が大切です。

私生活への負担を少なくコスパで無理なく行える方法を検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました